自動車の種類

“乗用車は、様々なタイプに分かれその呼び名も多岐にわたっています。その呼称の中でも同義であるものや国の違いによって呼び方が違うものがあります。大まかな分類と日本を中心にした種類を上げます。
まず、セダン、自動車というと子供から大人までこの形をイメージするのではないでしょうか。ボンネット、客室、トランクの3つの区画からなり、ドアの数も4ドアが主流です。
クーペ、流線型のスポーツカーのイメージが強いタイプになります。2ドアで二人乗りが定番ではありますが最近ではセダンの要素を取り入れて4ドアであったり4人乗りであったりするものもあります。どちらかというとスタイルの良いセダンのようなものもあります。
オープンカー、ルーフを外して走行できる開放感のあるタイプです。ルーフがないためボディ強度が足りないので必然的に2シータ2ドアのものが多くあります。
ステーションワゴン、セダンのトランクを室内に取り込んだような2boxカーをいいます。大型で定員数も多くドアも4ドア以上が目立ちます。
ピックアップトラック、乗用車といっても運転席の後ろはトラックの荷台となっていますので2ドア2シータに限られます。
他、SUV、ミニバン、ライトバン、ワンボックスカー、ハッチバック、などレジャー、業務用、などの汎用性を兼ねたものがあります。”

Comments are closed.