原動機付自転車

原動機付自転車は、50ccのエンジンが付いたバイクとなっています。むかしは普通の自転車に小型のエンジンを付けたタイプが発売されていたことから、この名前が残っています。現在の50ccのバイクでは、スクーターの種類が豊富に用意されている状況があります。スクーターはマニュアルのギアチェンジがなく、跨って乗る必要がないことから、男性の他に女性のユーザーも多くなっています。スクーターは近所までの街乗りとして使うニーズが出ています。スクーター以外にも通常の跨るタイプのロードバイクも販売されていますが、発売されている種類は少ないです。原付の道路での制限速度というのは通常は30キロで、安全性を考えて低速での走行となっています。そのため、ロードバイクでは125cc以上のタイプが多くなっています。しかし、原付の免許というのは、学科だけで取得ができるメリットがあります。中型自動二輪以上になってくると、教習所に通って実地の試験を受ける必要が出てきますが、原付にはそれはありません。しかし、原付は学科に合格すると、その後に実地の教習を受ける必要性はあります。なお、原付の学科は近年では合格のための点数が上がり、以前よりも難易度が増しています。

Comments are closed.