自動車とエンジン

最近の自動車は、運転免許証があれば誰でも安全に走ることが出来るようになりました。特に地方には、公共交通機関が少なくなっていますので、必要不可欠なものです。エンジンで重要なことは排気量です。排気量が大きいほど力があり高速道路でも安定して走ることができますが、排気量が大きいため燃料はよく消費したり、プレミアムガソリン(無鉛)が指定されますので、維持費はかかります。街中や買い物には力を持て余します。またリッターカー(1000cc)と呼ばれるコンパクトカーがあります。660ccでは維持費は低く済みますが人数や車体自体の大きさが決まっていますので、制約が多いです。だからコンパクトカーは女性をにも優しく運転でき買い物やちょっと出かける時に重宝されます。でも4人を乗せて高速道を走るのは力不足を感じます。ゆっくりと走ることです。その中でお勧めのタイプは1500ccです。形もセダンからありメーカーも一番種類などを取りそろえています。街中から高速道路まで苦手なく走ることができます。車で一番大事なことは車庫に置き放しにせず乗ることが車にとっていいことです。それと時にはタコメーターがついている車なら、回転を時には上げてみます。高速道路をおりた時などは、スピードが上がることが多くなりがちですがそれは車にとっては回転を上げることによってよいことです。回転を上げすぎてもよくないので指定されたスピードは守ることです。

Comments are closed.