ディーゼルエンジンの特徴

自動車には、日本で多く販売されているガソリン車の他に、特にヨーロッパで使用されているディーゼル車があります。

ガソリン車はガソリンを燃料とするのに対して、ディーゼル車は軽油を燃料とする点で異なります。そのため、燃料を燃焼させて駆動力を得るエンジンの仕組みも若干異なっています。

ディーゼル車に搭載されているディーゼルエンジンの仕組み、及び、特徴について説明します。

このエンジンも、ガソリンエンジンと同様に、シリンダと、シリンダ内に収容されたピストンを備えています。

ガソリンとディーゼルの決定的な違いは、軽油はガソリンと比べて、着火点が低い点です。そのため、ガソリンの場合は、爆発させるためには点火プラグによって点火する必要があるのに対して、軽油の場合は、空気を圧縮したときのその圧縮空気の温度で自然に発火させる(自発火)ことが可能である点です。

従って、ディーゼルの場合には、シリンダの上部に、ガソリンエンジンでは必要な点火プラグが設けられていません。その代わりに、軽油を噴射する燃料噴射装置が設けられています。シリンダ内に吸入された空気が、ピストンの上昇によって圧縮されて高温になった状態で、燃料噴射装置によってシリンダ内に軽油を噴射します。このときに、噴射された軽油が圧縮空気の温度によって自発火し、空気と混ざり合って爆発することで、ピストンを押し下げます。

Comments are closed.